すえぞうの株で頑張る日記!あと、自己啓発的な何か!

30代のとある会社員です。株の事を勉強しながら、お金持ちを目指して頑張っています。………が、勉強を続けるうちに、お金よりも大事なものがあるんじゃね。と思う日々が続いてます。

122日目 最近読んで面白かった本。

H29年9月1日(金)

 

早いもんで、もう9月。

少し肌寒くなってきました。

体調には気を付けましょう。

 

今回は最近読んで面白かった本をご紹介します。

君たちに明日はない (新潮文庫)

君たちに明日はない (新潮文庫)

 

主人公は 企業内のリストラ候補者と面接して、自主退職をお願いする会社に勤めるサラリーマン。

それだけ聞くと非常な内容をイメージしますが、作品自体は明るい感じで、主人公、個性的な登場人物、またその世界観にぐいぐい引き込まれました。

仕事とは何か?生きるとは何か?そんな事を考えさせられます。

文章が非常に読みやすく、テンポよく話が進むので、時間のない方にもお勧めです。

 

敗者のゲーム〈原著第6版〉

敗者のゲーム〈原著第6版〉

 

 超有名な本ですね。

今更ですが読みました。

内容については色々なブログで分かりやすく解説されていますので、

僕のような者が語るまでもありません。

 

僕がこの本で学んだ一番の事は、

「勝つことより負けない事の重要性」

現代の投資環境においては、勝つことよりミスをしないようにする事が重要とのことです。

テニスの試合に例えられていましたが、

スマッシュや攻撃的なサーブ、緻密なコントロールで隅を狙うような、

勝ちに行くテニス。これはプロにしかできない。

マチュア同士のテニスでは、ネットに当てたり、空振りしたりした方が負ける。

つまり無理をしてスマッシュを狙ったりするよりは、コツコツと1球1球をきちんと相手に返すことが求められる。

そこでミスをした方が負けてしまう。つまり株式市場から退場してしまう。

この考え方はとてもためになりました。

僕のような株式ど素人は負けない事を一番に市場に食らいつく事が寛容みたいです。

 

ほかにもいろいろな本を紹介したいのですが、

眠いので、またの機会にします。

睡眠は大事です。

ではでは、おやすみなさい

・・・zzzzzz

 

f:id:hizikix:20170406223031j:plain いい本に出会えると嬉しいニャ!